Page: 2/57  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
2014-18 三島
12/1日

師走。年末特有の、ちょっと普段と空気が違う感じ。
大人の顔が少しだけ行き急いでる感じ、これがなぜかとても好きなのだ。
田舎に住んでいた身としてはこの正月に向けてそわそわしている雰囲気というか、
〜しないと歳を越せない!とそわそわしている家族の顔を見ているのが
何か特別なイベントな感じがして好きになったのかもしれない。

この日は特に記憶にない。製作をしていたように思う。

2日

午前中は音楽理論の勉強を行う。午後はちくちく製作。
夜は代官山UNITにDeerhoof/Buffalo Daughter/ゆるめるモ!のライブを観に。

最近は常々言っているのでアレだが、この日もゆるめるモ!は良かった。
バックバンドに箱庭の室内楽+非常階段のJOJO広重さん(!)を加えて、生演奏。
とにかくダイナミクスというか迫力が凄く、普通のアイドルの域を軽く超えた堂々としたステージだった。
Baffalo Daughterは初めてライブを観たのだが、非常〜〜〜にシビれた。
松下敦さんのタイトなドラミングも相まって緊張感たっぷり、ビリビリきました。
次は山本ムーグさんがいらっしゃるパーフェクトバージョンで観てみたい。
そしてDeerhoof、全て持っていく程に鮮烈なアクト。
とにかくグレッグのドラム叩きっぷりがヤバい。ヤバい。
ドカドカって域を超えてドガンドガン鳴ってる感じ、終止鳥肌。
本編最後が僕の一番好きな曲(ネタバレしませんがフレンドオポチュニティの曲)が来たのも最高。
箱庭ハシダ氏らと日高屋で一杯やって帰る。

3日

cinema staffリハーサル@camel studio

曲出しスタジオ。ここ数日の製作が実ったかのようになかなかスムーズに進む。

夜はKEYTALK義勝、nicoten広瀬くんと新宿ゴールデン街で飲む。
下世話な話からリアルなコンポーザー(全員ベーシストコンポーザー)トークまで幅広く。
しかしあまりにも酔い過ぎて久々に潰れた。気をつける。

4日

午前中は二日酔いに盛大に苦しむ。
午後は製作にもどる。(あまり進展無し)

夜はこの日もバンドマンと飲み。ircle伊井、GOTR宇佐見の同い歳トリオで。
四川料理の店に行ったのだが、想像を絶する辛さに悶絶するシーンも多々。
特に四川麻婆豆腐(陳麻婆豆腐)が僕は好きなのだが、正直この日行った
本格四川料理の店より、岐阜の[まわしげり][丸大駅前センター]両居酒屋の
四川麻婆豆腐を超えるものを食べた事が無い。
美味い麻婆豆腐情報はいつでもコメント欄でお待ちしております。
山椒、花椒(ホアジャオ)がたっぷりかかってるやつがいいんです。
二軒目は思い出横町にアテンドし、しっかり帰宅。

5日

cinema staff リハーサル@camel studio

夜はTHE TING TINGS/ねごと を観に渋谷TSUTAYA O-EASTへ。
現地で東京カランコロンのいちろーさんに会い、共に観る。
オープニングのねごとは機材が少しずつ変わったり、新譜曲が増えてたりで新鮮味もあり、
魅力的で堂々としたステージだった。昔TING TINGSと対談したことがあるの、知らなかった…うらやましい。
メインアクトTING TINGS、ツアーとしては6年ぶりの来日とのこと。
実は新譜を買ってなく、イメージも「グレイトDJ」ぐらいしかなかったんだが
正直イメージを覆されるほどフィジカルなライブをしていて素晴らしかった。
後半にかけてじわじわ会場がヒートアップしていって、アンコールでマックスになる感じの
演出も良かったし、DJワークも素晴らしかったし、ケイティ可愛かったし。
強いて言えばもう少し長く観たかった…(1時間やってないぐらい)
その後はo-nestでライブだった雨のパレードチームに挨拶し、
いちろーさんらとダラダラnestで過ごした後帰宅。

6日

移動。金沢へ。
色々紆余曲折したのちなんとか無事に着いています。明日はエイトホール、楽しみ。

Deerhoof/Exit Only
来日ツアーはまだまだ続く。17日はWWWでカランコロンと。
まあ本当ひたすら凄いんで観てみて欲しい。

| cinema staff | 01:06 | comments(3) | - | pookmark |
2014-17 三島
先日非常に長く書いた記事が消えて傷心していたが
そろそろ書かないとマジで今年書かなさそうだったので頑張る。

21日、22日

松山、大分にてflood of cirle ツアーに参加。
同世代、ブレずにずっと輝いてるバンド。ライブも毎日圧巻。
意外なことに今まで沢山共演してきたのにゆっくり飲んだ事が無く、
それを取り戻すかのような打ち上げを2日間しっかり。大分の飯は超最高。

23日

高松にて空想委員会ツアーに参加。
朝ホテルについてた温泉で現地のおじさんになぜか怒られる。
フェリーで四国へ逆戻り、高松MONSTERヘ。
この日は全てのバンドが初対面だったのだが、すぐにグルーヴを産み出す事に成功。
Lyu:Lyu、夜の本気ダンス、空想委員会すべて良く、楽しい。
打ち上げも終止笑いっぱなしだったように思う。
また共演したいバンドが増えた。素晴らしい事だ。

24日

東京戻り。

25日

個人の制作。
後日しっかり告知するが、楽曲提供のお話を頂いたのでそれに関して仕上げる。
技術の無さに辟易。

26日

peelingwards リハーサル。夜は決起会。

27日

箱庭の室内楽のサポートで名古屋へ。
朝までTAMTAMチームと青春飲み。

28日

久々の実家でのオフ。犬の散歩等をこなす。

29日

peelingwards大阪でのライブ。4人体制になって初。
実家から在来線を乗り継ぎ大阪へ(2800円くらいで行ける)
影響を受けまくった素晴らしいバンドの皆様の中で演奏をできたことを光栄に思う。
タイ料理〜もつ鍋と食い歩き、久々に車中泊。

30日

東京戻り。夜はサウナで汗を流す。毎日サウナ行きたい。

以降は次回ブログで…


歌詞が刺さってきます
空想委員会 / 純愛、故に性悪説


 
| cinema staff | 17:51 | comments(1) | - | pookmark |
2014-16 三島
14日

昼は自炊。
9月ぐらいからダイエットを始めて思った事なのだが、(現在ピークよりマイナス7.5kg)
朝昼に関しては割と何食ってもそんなに変わんねーって事だ。
だからといって馬鹿食いせず、100gのパスタをゆっくり食べると十分、腹がパンパンになる。

夜はircleのツアー・ファイナルを観に渋谷TSUTAYA O-WESTへ(慣れませんね)
知ってる方は知ってると思うが、僕等とircleは19歳のときに出会って以来の長い付き合いだ。
ircleは、決して平坦でない道のりを歩んできたにもかかわらず、メンバーチェンジを一度もせずに
そして僕の主観では何ら昔とブレずに我が道を行っている、希有なバンドであると思う。
だからが故、彼らのライブは自分はどうであるか?という事を問いかける機会になる。
この度のライブもそう。素晴らしく真っすぐなライブだった。
全てが愚直なのが最高だとは思わないが、ひねくれて打算で生きるよりずっとマシだと思う。

15日

一日自宅で制作。protoolsの画面の見過ぎでぼーっとする。

16日

ゆるめるモ!しふぉんの生誕ライブを観に新宿MARZへ。
実際僕がはじめてモ!に触れたのは、先述の箱庭の室内楽ハシダ氏からのお誘いによって
あのちゃんの生誕ライブでの特別企画のバンドに参加したことがきっかけである。
下記、その時の映像。(僕はドラム、ギターです)



生誕ライブっつーのはバンドのキャリアの中では考えられなかったような企画なのだが
ファンの方とメンバーがかなり近くに繋がることの出来るイベントとして非常に面白い。
愛に満ちあふれたイベントだったと思う。
終了後、TAMTAMのjunet氏も合流してバンドマン連中で飲む。

17日

リハーサル@camel studio
遠征分のセットリストを固める。

18日、19日

SAKANAMONのツアーに参加
18日@大阪心斎橋JANUS、19日@名古屋UPSET

遠征開始。
久々のジャニス/アップセットでのライブはircleと同じく全員同い年のSAKANAMONのツアーサポートで。
SAKANAMONははじめて共演した日からそう時間は経っていないのにも関わらず
抜群の居心地の良さと感覚の近さがあって、つまりはすごく一緒にやれて嬉しい。
今回の彼らのライブは演出面も最高に良くて、プロミュージシャンとしての進化と余裕を感じた。
打ち上げは新栄のいつもの中華料理店A。あの座敷はやっぱり落ち着きます。
UPSETチームも打ち上げに来てださり、遅くまで健康に盛り上がり、またの共演を誓って別れた。

20日

名古屋から愛媛県松山市へ前乗り移動。車で8時間程か。
Double-u studioでのplentyワンマンを観に行く。
plentyに今年加入したドラムの中村一太は元the cabs、これまた古くからの友人であるが
昨年はpeelingwardsを一緒にやっていた身としても、その頃のドラミングのイメージを全く抱かない程に
いまのplentyは「バンド」している。下手すりゃこの三人でずーっとやってたようにも見える。
それは江沼の表情を見ててもやっぱ前と少し違うなあと思うし、新田はおしゃれやし、
まあ、それが僕の勝手な思い過ごしか考え過ぎだとしても(笑)今凄いいい感じです。

21日

昼食はホテルの近くにあったセルフうどんの店。
本日これから、Double-u studioにてAFOCのツアーサポート。行って参ります。

SAKANAMON / アリカナシカ(メイキング付)
同期もサビのメロの配置も歌詞も凄い。映像はバカっぽくて尚よし。


| cinema staff | 14:12 | comments(0) | - | pookmark |
2014-15 三島
9日
渋谷へ。
enn006xLOUNGE NEO12th Anniversary でglad/LOUNGE NEOと
元バイト先でもあるLUSHに行く。(1年半以上行ってなかったかもしれない)
前者ではフルカワミキさんを初めて至近距離で観て、 打ち震えた。
LUSHは久々に観たnenem、キレキレで新曲も最高。
そして久々にLUSHチームの方々にお会いしたが、みんな変わりなくて凄くほっとした。
東京、都会のど真ん中にいつも知っている人が居る場所があるってのは
何か不思議な気分だけど、それって素晴らしい事だな。
一番感動したのは、PA見習いだった当時後輩の新井くんがメインPAを任されていたことである。
これにはほろっと来たとともに、自分も負けてらんないなと思った。

10日
バンド・箱庭の室内楽の首謀者ハシダカズマ氏のソロ・ライブを観に渋谷セブンスフロアへ。
僕の中で2014最大のトピックのひとつとして彼との出会いがあるのだ。
彼と繋がらなかったらきっと知らなかった世界や仕事が山ほど。
心の底から尊敬し、そして心の底から信頼できる(とくに尋常でない酒の量等)先輩である。
バンドスタイルももちろんいいが、弾き語りも凄い。
川口の酔いどれ詩人、さながらトム・ウェイツである。(僕が勝手に言ってるだけ)

あ、11/27(木)に名古屋池下UPSETに
TAMTAMのレコ発で箱庭の室内楽が出演するのですが、その日はベースの本田氏が不在のため
僕がベースを替わりに弾きます。サポートです。
素晴らしいバンドですので、よろしかったら是非いらして下さい。
詳細は http://hakoniwano.com をチェック!


11日
peelingwards リハーサル。終了後いつもの酒場で飲む。

12日
cinema staff リハーサル。
真面目なミーティングを行い、夜考え込んであまり寝られかったが
最終的には自分の中での落としどころというか、ちゃんと抜け道が見つかった感じだ。
活動内容に正解はないですから、悔いの無いように生きていきたい。

13日
残響がセッティングしてくれた作曲/理論講座なるものを受講する。
100回本を読むより身体に染み付いた。もの凄く為になった。
というか今まで良くも悪くも理論のことを本当に何も知らないまま進んできたんだなと思った。
理論は、本当に知ってるにこした事は無い。
アイデアを洗練させるためにも、全員の曲の理解を深める為にも。

夜は渋谷パルコの2.5Dへ。あの空間って不思議な魅力があります。


箱庭の室内楽 / five

新ミニアルバムのコメントも僕書いたりしてます。大名曲!!



 
| cinema staff | 01:20 | comments(1) | - | pookmark |
2014-14 三島
11月

2日
OOPARTSの余韻もそこそこに岐阜から東京に戻り、いつもの居酒屋をはしごして記憶を無くす。
去年はイライラからか一人で飲みにいっても2回に1回は記憶を飛ばしていたのだが
そういった事はさすがに今年無くなってきたので久々の事だ。

3日
制作の準備をする。が、燃え尽き症候群からか大した成果は出ず。

4日
cinema staffプリプロ@camel studio
最近のプリプロは僕がエンジニア業もやる。趣味と予算削減が両立できて一石二鳥だ。
この日のエンジニアとしてのテーマは(最近いつもだけど)前に出てくるキックの音を録ること。
両方自分でやるっていうことはどうしても作業量は増えるが、
自分が音楽やってます、という気分にどっぷり浸れるし何より楽しいので気分が充足する。
作業終了後は新宿にヤセイ・コレクティブを観に行く。 素晴らしい演奏だった。
その後同行者と新宿の名店焼き鳥店「道しるべ」で軽く飲む。

5日
数ヶ月ぶりにスポーツセンターのジムでトレーニングを行う。
今に至る壮絶な筋肉痛を得る。
夜は地元の先輩がたに誘われ、沖縄料理屋へ。下世話な話で盛り上がる。

6日
cinema staff リハ@camel studio
次作の打ち合わせ、イメージの共有などを行う。
そこそこに切り上げ、僕のもう一つのプロジェクトpeelingwardsのスタジオもキャメルで。
プリプロを行う予定だったのだが、僕の機材の不調でお流れ。
しょうがないので行きつけの居酒屋で軽く飲む。

7日
peelingwardsドラムス高石と行動を共にし、
新井薬師〜中野の街をフラフラ歩いたりする(筋肉痛との戦いもあり)
夜は渋谷にて、残響SHOPでCD数枚入手。
「千吉」のカレーうどんを初めて食す。想像よりマイルドでじわじわ美味い。
その後Club Asiaにて ふぇのたす/ゆるめるモ!/アーバンギャルド のライブへ。
ゆるめるモ!に関しては、9月に一度お仕事で関わってからというもの大ファンである。
この日のライブもサプライズがあったりで実に良かった。
来週にはヒカシューとのツーマン、12月にはなんとバッファロー・ドーターと共に
ディアフーフの来日のサポートもするという充実の予定っぷり。すげー!
アーバンギャルドのライブも最高に楽しくて大満足。筋肉痛がいたくて飲まずに帰る。

8日
謎の全身倦怠感に襲われ、家を出ないことにする。
制作をするもあまり捗らず、今からサウナでリフレッシュしてこようと思う。


deepslauter / ELEVATION DEPTH
我らが柏ジャパン代表ディープ・スローター新譜。至宝です。

| cinema staff | 18:55 | comments(1) | - | pookmark |
2014-13 OOPARTSのこと諸々 三島
前回の更新から半年弱です。
50回更新したら能年ちゃんに会える。
その時からこの結果を予想されていた方はどのくらいいらっしゃるのでしょうかね…。

ざっとおさらいすると、上半期は我々、DB2Gの件に全て費やしていました。
ツアーブログ途中から途切れてましたが、最後まで充実したいいツアーだったと思います。
そのファイナルの模様を収録したDVDが9月に発売しまして、 それなりにセールスしてるみたいでコレも一安心です。
いいっすよアレは。

で、残響祭の10カ所ツアー、これに関しては回りながら色々な事を考えていましたが
最終的には凄くいい形になったのではないかと思っています。
レーベルを10年続けることによる経年変化は(時代もあって)仕方が無い事で、
その中で新しい事を発信する事に関して余念がない残響は素晴らしいと思います。

で、11/1日にOOPARTS 2014がありまして、その仕切りを主に僕がやりました。
オフィシャルなことに関しては
http://ameblo.jp/ooparts-gifu/
上記blogに更新致しましたので、こちらでは個人的に思った事を。
やや赤裸裸目に。あまりまとまりはないですが…。

正直僕たちぐらいの規模のバンド(世間的に売れてるのか売れてないのかイマイチわからん、でもなんとかバイトせず飯食えてる)
が地元を離れて、地元でイベントを大々的に、レペゼン的に打つ、っていうことに 嫌悪感を覚える人っていうのが居てもおかしくないと常々思ってます。
もちろん地元に居ながらやれる、もしくは結果を出して地元に帰ってからやれることが一番方法論としては 美しいと思うんだけれども、
でも今のモチベーションと若さでしか動けない事も沢山あるな、と思って僕は今動いてます。

そういうわけで、勢い先行で、しかも最初に「できるかぎりDIYで」という気持ちでやってるから
イベントとしての欠陥はぼろぼろと見えてきました。去年も今年も。
Twitterをやってるとそれがまざまざと現実として目に入ってきます。 僕は普段エゴ・サーチなるものをそんなにしませんが(リリースの時とかはしてますよ)
OOPARTSでアカウントが有りまして、そちらに関しては全員フォロー返ししておりますので 皆さんの思ってる事、もしくは思っても無いけど言ってみたこと、ちゃんと見てるんですよ〜。
これはやっぱり主催の人間としては当然かもしれませんが、それに対して一喜一憂するもんで、
僕もメンタルそんなに強くない人間の本音としては「もうやりたくねー」とか「なんでやってんだろ」とか
「僕バカにされてんのかな」とか究極は「主催が三島じゃなかったらいいの?」思ってしまう訳ですよね。
まあそれは本当に仕方が無いし、SNSのもつ「監視カメラ的側面」のもう誰も止めようがない事ですので
発想を転換して、いい方向に考えるようにしてます、する努力をしてます。
何かを始めるってことはそういうことだとちゃんと分かってるつもりですので、むしろありがたいです。
ただ実際やってみて課題が沢山見えてきてる、でも期待を沢山してもらってる現実ってのは 単純にけっこうしんどい事だな、続けるってのは本当に大変なことだなって思います。

僕はOOPARTSを楽しくて、続けたくて岐阜の名物にしたくてやってるつもりですが
OOPARTSは決して慈善事業ではありませんし、まず僕が健康に飯が食えてるからやれてることです。
バンドやスタッフにちゃんとギャラをお支払いして、バンドとして黒字が出ないと続けられることではないし、
究極いったら、OOPARTSだけが僕のライフワークでは無いですしね。
OOPARTSに関してはほんとのとこ、僕やチームには全くギャラが発生してませんしね。個人単位だと赤字です。

でもやっぱり続けたほうが財産になるって思ってるからやってます。
続けた先に何が残るか、地元に対してどこまでアプローチできるかっていうのは凄く気になるし、
単純に好きなバンドを地元に呼べる状況にあるってのは凄く幸せなことだと思うし、
その状況を長く続けることが出来るっていうのは、自分がバンドマンであれるってことだと思ってます。
それって、やっぱり価値がある事だと思うんです。たとえフェス規模に出来なくとも。 OOPARTSがあってよかった、ってなんて言われてしまうと、生きててよかった、みたいに思いますよ。大げさでなく。

という訳で、という訳でってのもおかしいですが、来年もOOPARTSやるつもりです。
しばらくはマジで考えたくもないレベルなんですけど笑 でもやります。改善策めっちゃ考えていきます。もっと楽しくするつもりです。自分も。
また来年お会いしましょう。

cinema staffはしばらく制作です。ライブもガンガンありますけど…
次のアルバムは、ドラマチックなものを目指します。

画像はOOPARTSの時。ヤオタケシ写。

20141104

これを岐阜で聴けてよかった

the band apart / k and his bike (動画後半)


| cinema staff | 01:36 | comments(2) | - | pookmark |
2014-12 DB2Gツアー千葉編 三島
17日 ツアー Death Bandwagon 2(to) Glory 初日@千葉LOOK
 さて、とうとう迎えたツアー初日である。
 ツアー初日は千葉LOOKと相場が決まっているわけで、毎度毎度お世話になりまくっている。
 リハーサル前に僕はディレクターと共に千葉のソウルフード(?)でもある
 なりたけらーめんへと足を運び英気を養う。

 

その後少し胸焼けを気にしながらも本番。
気持ちよく演奏できたし、初日特有のエネルギーも見せられたのではないだろうか。
打ち上げはLOOKのサイトウ先生と共に2軒目までガッツリ。有意義な時間を得られた。
2軒目の、半屋台のようなお店で出会った店主のおばちゃんが最高にいいキャラクターだった。
お土産に韓国海苔を沢山頂いてしばらく晩酌のつまみには困らなさそうである(3パックx24セット)



18日 OFF
 幸い二日酔いになっていなかったので、たまっていた洗濯物などを処理する。
 美容院に3ヶ月ぶりに行き、少しだけ整える。今年は髪伸ばしてみます。
 その後、屈強な漢どもと共に代々木公園で行われていたタイ・フェスティバルへ。
 夕方にいくとそこそこすいてるし、モノが安くなっているのでおすすめである。
 トゥクトゥク(タイのタクシー)のカラーリングの独特さが「ダージリン急行」を思い起こさせた。
 あれインドだけど。



19日 制作@camel studio
20日 制作@camel studio

21日 移動日
 デス・バンドワゴンでの初めての長距離移動。
 ナビの機能が割と充実している事に気づき文明を感じる。
 神戸に到着後は「焼肉丼 十番」で腹ごしらえと晩酌を。12時前には就寝。
 
さあ本日はDB2Gツアー神戸編。太陽と虎でお待ちしています。

シアトル・シリーズ。TAASと同じぐらい好き
The Blood Brothers / Lazer Life

| cinema staff | 12:25 | comments(5) | - | pookmark |
2014-11 ツアー開始しますの章 三島
10日 特に用事無し
 猛烈にスポーツが観たくなるものの、我慢する。
 スーパーロボット大戦が進む。

11日 部屋の掃除など
 猛烈にスポーツが観たいので、昼間はパソコンやテレビや
 色々なメディアを駆使してスポーツ観戦に勤しむ。
 夜は岩牡蠣を食う。最後の晩餐でもおかしくないような味。

12日 リハーサル@camel studio
 なんだかキャメルでのスタジオリハは久々のような気がしないでもないが
 先週入っているので気のせいであった。

13日 65daysofstatic サポートアクト@大阪AKASO
 早起きして7時間移動。
 65dosは確か19歳の時に初めて聴いて(2nd)自分の中の教科書的存在とも言えるポジションのバンドの
 うちのひとつと言っても過言は無く、ま〜ライブもぶったまげる程の轟音美、ダイナミクスの洪水。
 やはり、輝いていた。サポートできて光栄である。

14日 65daysofstatic サポートアクト@東京恵比寿LIQUIDROOM
 早起きしてメンバーのみの7時間移動。
 この二日間は少し特殊な立ち位置(久野が下手、僕がセンター)でライブをさせて貰った。
 やっぱ普段通りがいいね、バランス的には…笑
 クリエイティブマンのアテンドも素晴らしいし、音響は昨日より更に洗練されているし、
 65dos凄まじいぜ…とあらゆる面から思わされた。しゃきっとしました。

15日 cinema staffでは無いが、僕と辻くんの別プロジェクトpeelingwardsライブ@TSUTAYA o-nest 
 個人のTwitter等参照のこと!

16日 リハーサル@camel studio
 遂に明日からDB2Gツアーが始まります。ということは死のバンドワゴンで全国一周…ということです。
 この度残響レコードはハイエースを社で購入しましてですね、非常によく積むバンなのですが
 乗り心地はというと……かなり腰に負担がくるやつですので
 ぼちぼち「若ッ!!」っていう歳でも無い我々的には長距離移動はかなり答えます。
 しかし苦節の先には必ず光が、栄光が待っていると信じてやまない我々は
 全国14カ所、あなたの街やあなたの近くの街へ旅行に出かけさせて頂き、演奏します。
 チケットまだある公演沢山ございます。ぜひいらして下さいませ。
 まずは明日、千葉LOOK。ありがたいことにチケットSOLD OUT。お待ちしてます!

MUSEにも通じる頭のピアノの儚さ。そっからのバースト。
雨の日にずーっと泣きながら少しずつスピード上げて走っていく感じ。たまんね!!
65daysofstatic / Radio Protector

| cinema staff | 23:20 | comments(3) | - | pookmark |
2014-10 三島
気づけば、2ヶ月以上更新が停滞していた。
特に大変な理由があった訳でなく忙しさにかまけて一度さぼる気持ちが芽生えてしまっただけだ。
今日から本気出す。
という事で、一日ずつ振り返るというのは無理だが、空白の期間を振り返る。

■2月下旬

Drums,Bass,2(to)Guitarsの取材が本格化する。
BiSとクアトロで対バンし、nerveとgreat escapeをコラボレーションするというイベントも発生。
(解散する前に同じステージに立てた事が光栄です)

■3月上旬
少し休みを頂いたので、中学時代の友人の結婚式で一曲歌わせて貰ったり
仙台の友人と石巻や気仙沼に行った。初めて訪問できた。
現地の海産物を食える定食屋で、「borka」が有線でかかったときは
何の因果かと思い、少し涙が出た。

■3月下旬

怒濤の予定。ライブも別件の仕事も沢山あった。
OAUとのツーマン、SANUKI ROCK、IRIKO企画で福岡、名古屋でthe novembersとツーマン、
大阪パンゲアでTheSpringSummerとツーマン、TFMでのスタジオライブ…
どれも濃密なライブ、濃密な打ち上げが出来ているなと振り返って思う。

■4月下旬

アルバムがリリースになり、その稼働が引き続きあった。
その中でエロフェス、NCS企画で札幌、宇都宮のイベント等ライブも充実。
札幌の打ち上げは壮絶に面白く色あせないものとなった事請け合い。

■4月下旬
なんといっても、memory mapの来日ツアーサポートは一生に残る経験だった。
僕はpeelingwardsというバンドで京都、名古屋でも
彼らと寝食を共にし、時にアテンドし、同じ時間を過ごさせてもらった。
単純に好きなバンドのライブを毎日いろいろな場所で観られるという意味でも、
こんなに楽しい経験ができる、音楽って本当に面白いとあらためて実感できた
という意味でも、最高に有意義な時間だった。首謀者の辻くんには感謝しきりである。

■現在

スポーツ観戦に狂っていることは間違いない。
ブログ今後は極力さぼらぬよう頑張ります。



少し告知を!!

chouchou merged syrups.

のセカンドミニアルバム「clepsydra」(読めない)が発売決定になりました。
ファーストに引き続き、今回もサウンドメイク/プロデュースで関わらせて頂いてます。
詳しくは公式HPまで。ツアーもやりますよ〜〜
http://chouchoumergedsyrups.web.fc2.com

chouchoumerged syrups / ヒエログリフと遊ぶ


 
| cinema staff | 20:12 | comments(3) | - | pookmark |
2014-09 完成の章 三島
17日 マスタリング作業@Form the master
 同時に次作MVの打ち合わせも行う。濃密な内容になりそうである。
 次作のマスタリングはform the master宮本さん。
 バンドへの理解度が非常に高く、超スムーズに作業を終える。
 この日を持ってDB2G本編音源に関しての作業は終わり。
 インタビュー周り、キャンペーン等はこれからばしばし入ってくる。覚悟をしておこう。
 

18日 リハーサル@camel studio
 久々の通常スタジオ。ある曲の反復練習を行ったのだが
 普段あまりやらないプレイの連続で久々に指に水ぶくれが出来る。
 きっとこれは普段の基礎練習の怠りが出たのだろう…と思い、帯を締め直す思い。
 夜は友人といきつけの酒場で呑む。

19日 トレーニング。映画を観る。

20日 取材日。
 ポニーキャニオン本社で取材を受ける事が多いのだが、
 場所が虎ノ門であり、新橋まで歩いていけてしまうため
 夕方終わりになると誘惑が多くて困る。
 しかし結局いきつけの酒場で呑む。
 
21日 リハーサル@camel studio
 リハ後、THE NOVEMBERSのワンマンを恵比寿リキッドルームへ観に行く。
 独立してからのノーベンバーズの覚悟、テンションを全て感じられる素晴らしいアクトだった。
 新譜は本当に最高のものであったと思うし、今の彼らが一番格好いい、断言出来る。
 ファイト・クラブ2があったら音楽を担当して欲しいな、なんて思いながら観ていた。

22日 ライブ@高崎フリーズ w/LILY , SAKANAMON , lego big morl
 ワンマンぶりのライブ、我々トリ。少々緊張したが、テンションは良かったはず。
 アンコールでは楽屋ノリでSAKANAMONの藤森くん(同い歳)とゆず「夏色」を歌う展開に。
 レゴのキンタさんの執拗な邪魔っぷりに盛大に笑う。やはり対バン形式のライブは面白い。
 打ち上げが久々に荒れる展開で、そうそうこれだよと思う反面
 これを日常的に行っていた学生時代の我々や名古屋シーンの事を考えると
 アア気が狂っていたんだな、と思わざるを得ない。

23日 そもそも帰宅が朝だったので、しこたま寝る。
 映画を観る。恥ずかしながら初めて「スラムドッグ・ミリオネア」を観たのだが
 心底納得のいく素晴らしいものだと思う。クールですね。


THE NOVEMBERS / 鉄の夢
映画音楽やって欲しい。

| cinema staff | 23:13 | comments(3) | - | pookmark |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode